横浜で行える美容整形│手軽に行えるほうれい線の美容整形

ウーマン

美容整形の修正

最近は美容整形の需要も高く、横浜でも多くの美容外科があります。ただ、増えてきた分失敗例も多くなってしまっていて、整形をして失敗したと後悔してしまう人も増えています。そのまま諦めるのではなく、技術力の確かな美容外科で修正を検討してみましょう。

Read More

ほうれい線を改善するには

レディ

加齢につれて段々溝が深くなってきてしまうほうれい線は、年齢以上に老けて見えてしまうためコンプレックスに感じている女性も横浜には多くいます。加齢や紫外線の影響で、皮膚の弾力やハリの低下が起きるため、頬がたるんでしまいほうれい線ができやすくなってしまいます。横浜の美容外科でもほうれい線を改善する美容整形が複数ありますが、その中でも手軽さから薬剤を注入することによる施術が人気を集めています。ほうれい線改善のために美容整形で注入される薬剤には、一般的にコラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタといった種類があり、各々特徴があります。コラーゲンは人体のたんぱく質の30%を占めている成分で、不足してしまうと肌が衰えるだけではなく、骨・血管などにも支障が出てくることもあります。加齢により身体から減少していくものであるため、コラーゲンを注射によって注入することで肌の弾力やハリを保つことができます。ヒアルロン酸も体内に元々ある成分で、高い保水力を有していることから、主に皮膚の水分を保つ役割や眼圧の維持、関節間の干渉を防ぐためのクッション材のような役割を担っています。このヒアルロン酸も加齢により低下してしまい、体外から摂取をしようにも豊富に含まれている食べ物が豚足や魚の目、ニワトリのとさかといった連続で摂取するのには向かない食材となっていて食事での摂取が難しいです。そのため注射にて直接ヒアルロン酸を注入することで、肌の弾力やハリを取り戻すといった方法が効果的です。この両者はどちらも肌のハリや弾力を直接取り戻すための注入ですが、プラセンタは少々目的が変わってきます。プラセンタは胎盤から栄養素を抽出したもので、細胞の活性化や血行促進、代謝促進といった健康に有効な成分が含まれています。プラセンタを注入することで、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成をサポートして改善させていくというものになっています。

女性

美容整形で小顔になる

美容整形には様々な種類があって、小顔になるための美容整形でも種類が豊富です。一般的に横浜の美容外科で利用されている方法を紹介しているので、美容整形を検討する際の参考にしていきましょう。

Read More

カウンセリング

医師選びに困ったら

横浜で美容整形を受けるなら、医師探しに困らないよう症例写真を判断材料としてみましょう。好みの仕上がりになっている症例が多いのであれば、安定した仕上がりを期待できる医師であることがわかります。

Read More

医者と看護師

保険が適用される美容整形

最近は美容外科と形成外科、美容整形が混同している人が横浜でも増えてきています。基本的に美容外科は美容目的であり、医療行為とは違うので注意しましょう。しかし例外で医療行為となって、保険が適用される施術もあります。

Read More

女の人

ダウンタイムに要注意

美容整形や手術につきもののダウンタイム。横浜で美容整形を施術する場合には、施術する美容整形のダウンタイムをしっかり把握して、無理のないスケジュールをたてるようにしましょう。

Read More

Go to Top