横浜で行える美容整形│手軽に行えるほうれい線の美容整形

保険が適用される美容整形

医者と看護師

最近では一般に広く浸透してきているため、「整形」というと美容整形を思い浮かべる人が多くなっています。そのため、整形外科や形成外科と美容整形が度々混同してしまっているような意見が横浜でも増えてきました。あくまで美容整形は美容目的で外見を変えるためのものであり、治療行為ではありません。横浜で扱っている美容整形のほとんどが健康保険を適用されない理由は、この治療行為ではないというところにあります。同じ整形とついている整形外科の方は、主に怪我や病気によって損なわれた身体の修復やリハビリを行う医療機関となっています。どちらかというと美容整形に近いのは後者の形成外科のほうです。その理由としては、美容整形は形成外科の技術が使われているからです。形成外科では外傷によるものや先天性による身体の変形を治療していくのが主な仕事です。やけどや怪我によって生じたあざや顔の歪みも形成外科の仕事に含まれます。こうした形成外科の外見を整えて治療するという技術を応用して、美容目的に特化させたのが美容外科となります。大まかな振り分けとしては、顔に怪我をして治療したいのであれば形成外科へ、一重がコンプレックスなので二重にしたいというような美容目的であれば美容外科へといったようになります。ただ、横浜で扱っている美容整形の中にも保険が適用される例外があります。例えば顔の症状であれば眼瞼下垂や逆さまつげが治療の範囲にあたります。眼瞼下垂はまぶたが重く目が開きにくくなってしまう症状ですが、自分では気付き辛く、早期で自覚して来院するというパターンは少ないです。眼瞼下垂は頭痛や肩凝りを併発するため、頭痛や肩凝りが酷くなったり、おでこに深いシワが増えてきたりすることで発覚するパターンが多いです。逆さまつげの方は気付きやすく、まつげが外側ではなく内側に向けて曲がってしまう症状です。そのため目の角膜に傷をつけてしまう場合があります。この2つの症状については、横浜の美容整形で扱っている埋没法による二重まぶたの施術で改善でき、また美容目的ではなく治療目的となるために保険が適用されます。

Go to Top