横浜で行える美容整形│手軽に行えるほうれい線の美容整形

医師選びに困ったら

カウンセリング

横浜で美容整形を受けようと美容外科を探す際、どういった点を重視して探せば良いのか判断基準に困る方も少なくありません。美容整形は自由診療となるため、高額という理由から少しでも安いところを探そうとしてしまうのが自然な流れとなることも多いですが、あまりにも安すぎるところでは、ちゃんとした施術を行ってくれるのか不安になる人も居るでしょう。そうした横浜の美容外科選びでお困りの際には、まず横浜の美容外科全体を見て探すのではなく、美容整形の施術を行う医師で探しましょう。インターネットで横浜の美容外科を探すと、美容外科のサイトには医師の紹介が掲載されているところがほとんどです。そして医師の紹介ページには、医師が行ってきた美容整形の症例写真が多く掲載されています。この症例写真が、信頼できる医師を見分ける一つのポイントとなります。好みの仕上がりになっている症例写真を見つけたら、その医師の同じ施術の症例写真を複数確認していきましょう。好みの仕上がりになっている症例写真が複数あるようであれば、同様の仕上がりを期待できます。その理由として、医師にもセンスやクセというものがあり、症例をこなしていけばこなしていくほど、このセンスやクセは一定化していきます。同じような仕上がりの症例写真が多いということは、それだけ安定して施術をこなしているという何よりの証拠となります。ただ、症例写真が少なすぎる場合は判断が難しくなるため、多くの症例写真を掲載している実績がある医師を選ぶようにしましょう。しかし、多くの症例写真を掲載している場合でも症例写真の写し方にも注意が必要です。症例写真でチェックするポイントは好みの仕上がりになっているかどうかという点の他に、施術部位の全体が写されているか、施術前と施術後のポーズは同一で正確に比較がされているかという点が挙げられます。まず施術部位についてですが、例えば脂肪吸引で部位が太ももであった場合、両足の太ももが対象となります。しかし、片足の太ももだけしか掲載されていないといった写真は注意が必要です。本来両方を掲載するのが一般的な太ももの脂肪吸引ですが、片足だけしか掲載されていないということは脂肪吸引のバランスがうまく取れていないということが考えられます。左右のバランスが取れていないとどうしても不格好になってしまうので、見栄えを重視して片足だけしか掲載していない可能性があります。そのため、ちゃんと施術部位全体が症例写真として掲載されている医師を選ぶようにしましょう。また、施術前と施術後のポーズについても症例写真の写り方が重要となっています。写真には遠近法というものがあって、比較する写真を離れて写したり、近くで写したりすることによって施術の効果を意図的に強調することができます。例えば細く見せたいのであれば、施術前より離れて写真を撮影することでより細く、豊胸手術のように大きく見せたいのであれば、施術前より近づいて写真を撮影することで強調した症例写真を撮ることができます。そうした視覚による効果を利用した症例写真を掲載しているところは、信頼できるとはいい難いでしょう。そのため、一定の位置で施術前と施術後の写真が掲載されているものを探すようにしましょう。

Go to Top